睡眠障害を改善して熟睡する道場

2014-06-08

睡眠障害を改善して熟睡する道場

最近、以前よりも寝つくまでに時間がかかるようになった。起床するまでの間に何度も目が覚めることがある。睡眠時間は確保できているが、眠りが浅く十分眠った感じがしない。よく眠れないため、疲れやすく、やる気がでない。気分が落ち込んだり、イライラする……等、お困りではありませんか?

この道場では農作業(体内静電気を抜く)を主体とした改善プログラムで、少しでも熟睡に近づくお手伝いを致します。

改善プログラム

基本的には、農作業(体内静電気を抜く)が基本になります。
朝9時から夕方5時までの共同生活での作業です。

簡単で軽作業の農業体験(体内静電気を抜く)から参加して頂き、少しずつ体を慣らします。

午前中農作業があれば午後から室内作業等、天候や状況に応じた作業内容になります。

慣れれば、農業関連以外の作業をこなしてもらいます。

募集要項

応募資格

満18歳から満30歳 女性以下道場参加可能

※ 但し以下の方は応募できません※禁固刑以上の刑に処せられその執行を終えるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
※成年被後見人、被保佐人又は、被補助人※暴力団員その他の反社会的勢力に属する者

道場実施期間

2016年8月29日(月)~2016年9月7日(水)※4名以上で開催

共同生活期間(道場)

限定:6名まで 原則として共同生活

受講料・応募方法

受講料7日間で宿泊場所・食事(朝・昼・夜付き)

180,000円(税別)

直接電話にてお申し込み下さい。

個人情報の取扱いについて

応募で提供いただいた個人情報は、原則として以下の目的のために利用させていただきます。また、選考・研修・訓練・派遣のために、NPO法人ブルーム内および関係機関に提供することがあります。
・事業実績の取りまとめ等、統計データの作成に利用します。

お問合せ

特定非営利活動法人青少年自立援助センターブルーム
TEL:0745-21-4771

E-mail:info@npobloom.com

(お問合せ時間:月~金9~12時、13~17時)

 体験談

1.代表の私自身も夜眠れずひきこりになってしましました。今現在、行っている療法教えて頂き実践し畑作業や土いじりをする事により睡眠が改善していきました。

1.以前にかかわった18歳女性は、多くの睡眠薬を服用しないと眠れなかったのに当団体療法を行って3日目に、左手にお薬を右手にコップに水を持ったままで、寝ていました。